Profile

Takana Miyamoto

宮本 貴奈



宮本 貴奈 Takana Miyamoto
( Photo by Kate Belle )
ピアニスト・作曲家。
茨城県結城市出身。米英に20年在住、約30カ国で演奏活動を展開。

5才からエレクトーンを始め、14歳からピアノに転向、作曲を学ぶ。
高卒後米バークリー音楽大学へ留学、映画音楽&ジャズ作曲学科卒。

1998年NYへ拠点を移し、全米エドマンジャズピアノ大会優勝。
ニーナ・フリーロン(vo)のワールドツアーに5年間参加、
ピアニスト・アレンジャーとして参加した【SOULCALL】は
2001年米グラミー賞2部門でノミネート。

アトランタに移り、ジョージア州立大ジャズ教育学部修士課程卒。
「アトランタベストジャズアクト(2年連続)」
「ジョージア州で最も影響力のある女性」他受賞。

グラミー受賞サックス奏者カーク・ウェイラムとの共作
「Promises Made」は全米ビルボードジャズチャート5位。

2013年「オン・マイ・ウェイ」で日本デビュー。
(同年Jazz Life誌アルバムオブザイヤー認定)

物語が見えるようなピアノとアレンジ、共演者を輝かせるサウンド作りで、
ソロ活動の他、TOKU、伊藤君子、飯田さつき、狩野泰一、佐藤竹善等、
アレンジ&プロデュース作品も多数手がける。

絢香、May J、八神純子、サラ・オレイン、大黒摩季、
タケカワユキヒデ、佐藤竹善、SHANTI、
DRUM TAO、ケイコ・リー、日野皓正、溝口肇、西本智美、
SUGIZO、由紀さおり、加山雄三、等との
ジャンルを超えた共演やレコーディング、
ビックバンドやストリングス、オーケストラアレンジも手がける。

中西圭三、狩野泰一との【WA-OTO】、
小沼ようすけとの【Wレインボー】、
伊藤大輔との【アコースティック・ランデブー】、
【G.G.】他、コラボ活動も展開。


作曲家としては、NHK「日本の話芸」、
映画「惑う~After the Rain」「十字架」「ふるさとがえり」「種まく旅人」、
他、音楽担当。

国立音大ジャズ専修講師、茨城県結城市の結城紬大使。



<受賞など>
2012年 茨城県結城市「結城紬」親善大使、結城紬イメージ曲「紬のふるさと・結城」作曲(共作)
2012年 ジョージア州で影響力のあるアジア人25人
2009年 ジョージア日米協会名誉会員
2007年 ジョージア州エリートアジア人
2006年 & 2005年 「アトランタベストジャズアーティスト」(クリエイティブ・ローフィン誌/USA)
2004年 ジョージア州で最も影響力の有る女性100人(作曲家)
2001年 「ライジングスターピアニスト」(インターナショナルジャズソサエティ)
1998年 ランディエドマンピアノ大会優勝 (USA)



<プロデュース作品>
WA-OTO / 中西圭三×狩野泰一×宮本貴奈「Departure」 (2015)
クリスチャン・タンバー&宮本貴奈&小川慶太「People Talk」 (2015)
G.G. = 宮本貴奈&植田典子&ジョーンズ満寿美「Departure」 (2015)
伊藤君子「ジャズだべ!ジャズださ!」(2015)
宮本貴奈ソロ/コラボ「マーチング~明日へ」オリジナルサウンドトラック(2015)
Double Rainbow(ダブルレインボー) = 小沼ようすけ x 宮本貴奈「Voyage」(2013)
TOKU
 ・ 「Dear Mr.SINATRA」 (2015/Sony Music Entertainment)
 ・ 「Dream a Dream」 (2013/Sony Music Entertainment)
 ・ 「Sings & Plays Stevie Wonder」 (2011/ Sony Music Entertainment)
 ・ 「Love Again」(2008/ Sony Music Entertainment)
狩野泰一・金子竜太郎・宮本貴奈「HIKOBAEオリジナルサウンドトラック~未来への約束~」
狩野泰一
 ・「しあわせに」(2010/Yamaha Music Communications)
 ・「竹のうた」(2010/Yamaha Music Communications)
飯田さつき「I Thought About You」(2011/Tokyo Sounds)
竹尾淳子「お箏とピアノトリオのアルバム1&2」
ジョルガ・メスフィン「The Kind Ones」(2007/エチオピア)
クリスチャン・タンバー&宮本 貴奈
 ・「Conversations」(2011)
 ・「Traveling South」(2008)
 ・「An Afternoon Together」(2005)
宮本貴奈トリオ
 ・「On My Way」(2013)
 ・「An Acoustic Journey」(2008)
 ・「Tree Song」(2002)
 ・「It’s All Up To You」(1998)
宮本貴奈ソロ 「Piano Tales」(2003)
カーク・ウェイラム&宮本 貴奈「Promises Made」
米国NPO法人 Millennium Promise チャリティプロジェクト (2008/米国ビルボードチャート5位)



< Selected Discography >
アイリーン・キャラ「Hot Caramel」(2010)
エイブリー・サンシャイン「Avery Sunshine」(2010)
コンピレーション「Flora Deux」(2010)
エディー・ライト「Earthbound Gravity」(2009)
JIVA「Day Into Night」(2007)
大黒 摩季「Weep」(2006)
ラッセル・ガン「Bionic/Krunk Jazz」(2006)
カーク・ウェイラム「Babyface Songbook」(2005)
レネー・マリー「Serene Renegade」(2004)
アナンダ・プロジェクト「Morning Light」(2003)
藤原 大輔
 ・「Jazzic Anomaly」(2004)
 ・「白と黒の間にある4つの色」(2003)
ニーナ・フリーロン
 ・「Live at Kennedy Center」(2003)
 ・「Soulcall」(2001/ Concert Jazz)(ピアノ・編曲・音楽監督/グラミー賞2部門候補)




<音楽監督>
ニーナ・フリーロン(ボーカル/グラミー賞8回候補)
ダニエル・ホー (グラミー賞ハワイアン部門5回受賞)2010年日本ツアー
狩野泰一「新潟の音風景」シリーズ(2010~)
TOKU  (ボーカル/フリューゲルホーン)
アトランタ ヤングシンガーズ合唱団「ひとつの時をこえ」コンサート(2009/編曲も担当。ゲスト:狩野 泰一)
マヤ・ハッチ(ボーカル)「マイ・フーリッシュ・ハート」(2009/Spice of Life)




<作曲/編曲>
映画   「十字架」(監督:五十嵐匠)
      「雨上がりの朝」(監督:月岡貞夫)
      「海へさよなら、こんにちわ」(監督:林弘樹)
      「懐かしき未来への旅~南砺ソウルトラベル」(監督:林弘樹)
      ※「Short Shorts Film Festival & Asia 2015」特別賞受賞。
      「マーチング~明日へ」(監督:中田新一)
      「種まく旅人~みのりの茶~」(監督:塩屋俊)
      「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」(監督:林弘樹)
      「ふるさとがえり」(監督:林 弘樹)
      「ディアー・ウィリー」(監督:Elmer Bowman)
演劇   「HIKOBAE project 2012」(演出:塩屋 俊/梶原 涼晴)
      「ロング・クリスマス・ライド・ホーム」(Synchronicity/Actors Express)
人形劇  「デューク・エリントンズ・キャット」
      (国際人形劇協会最優秀賞受賞)
音楽物語 「うたえほん 1 ~ Mother Earth アリヤムとその仲間達~」
       「うたえほん 2」
        (サントリーEco Kids/中西 圭三プロデュース/作曲(共同)/ピアノ担当)
楽譜集  「狩野 泰一 篠笛セレクション」(2010/編曲/ピアノ担当)
楽曲提供  TOKU, 狩野 泰一(篠笛)、竹尾 淳子(箏)
      モンゴル「MEGUMI幼稚園」
ジョージア州日米協会30周年記念ドキュメンタリー
NKH 「日本の話芸」テーマ音楽「音紬ぎ」(音楽:狩野 泰一・宮本 貴奈)
狩野泰一「新潟の音風景」シリーズ(2010~/音楽監督・オーケストラ編曲担当)


Profile
Takana Miyamoto is a multi award winning, internationally acclaimed concert pianist, composer, arranger and music producer. She has performed in 30+ countries worldwide, and currently bases herself in Japan.

Takana’s story-telling piano sound and music writing are featured on several albums including ones of the multi-Grammy nominated jazz artists Kirk Whalum (sax), Nnenna Freelon (voc), Rene Marie (voc), Grammy winner Irene Cara, and Japanese greats such as Chikuzen Sato, May J, Sarah Alainn, Keizo Nakanishi, TOKU, Kimiko Itoh, SUGIZO (Luna Sea/X-japan) among many others.

Born and raised in Yuki, Ibaraki, Japan, Takana’s first music lesson was at age 4. She decided to make a career being a composer at age 14 and became deeply drawn to jazz piano, fascinated by the music of Bill Evans, Keith Jarrett and Dave Grusin while attending Berklee College of Music. She recorded her first jazz piano trio album in 1997, made the nationwide TV debut on BET ‘Jazz Central’, and started her international performing career as a concert pianist.
After graduating with an honor and several awards, with a dual degree in Film Scoring and Jazz Composition, Takana relocated to New York city, where she won the First place in Randy Edman Piano Competition in 1998. Takana joined the world tour of the multi- Grammy nominated vocalist, Nnenna Freelon, and is featured as a pianist, arranger and musical director in ‘Soulcall’ which received 2 Grammy nominations in 2001.
Takana moved to Atlanta, GA in 2002, received the ‘Rising Star’ recognition from the International Jazz Society, and completed the master’s program in Jazz Pedagogy at Georgia State University. She was awarded the US permanent residency based on her contribution in the music field. She was selected as one of ‘GA’s most powerful and influential women’ (2002), Elite Asian from Asian American Community in GA, (2005) and ‘GA’s 25 most influential Asian'(2012), ‘the Atlanta’s best jazz act’ (2005 and 2006) in Creative Loafing, and the honorary member for the Japan America Society of Georgia (2009).
As a composer, Takana has scored for several motion picture productions, theatre and TV shows, as well as for big bands and concert orchestras. (voted ‘GA’s most influential women’ as a composer in 2003.)

Page Top